×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

IIS の Web アプリケーションルート

 知っている人は知っている、知らない人は永遠に知らないままと思われる Web アプリケーションルートの話をします。

 もし、あなたが Visual Studio .NET 2003 以前から ASP.NET を使っているなら、これ以上読み進んでも得るものは無いです。しかし、ASP.NET を Visual Web Developer 2005 Express Edition(以下、VWD)から使い始めた、しかも手元のパソコンでは XP Home が動いているというなら、ここでの話があなたのトラブル解決に役立つかもしれません。

 

ASP.NET 開発サーバー

 VWD には「ASP.NET 開発サーバー」が付属しているので、IIS 無しでも ASP.NET アプリケーションを動かすことが出来ます。

  「新しい Web サイト」の場所で「ファイル システム」を選択する。

  アプリが「ASP.NET 開発サーバー」上で動いています。

 しかし、「ASP.NET 開発サーバー」は、手元の開発用パソコンで ASP.NET アプリケーションを、とりあえず手っ取り早く動かすために存在します。完成した ASP.NET アプリケーションはいずれサーバーマシンに配置するわけですが、サーバーマシン(たいていの場合、OS は Windows Server 2003)では、本物の IIS が動作していて、「ASP.NET 開発サーバー」は使いません。

 しかも、サーバーマシンには多数の ASP.NET アプリケーションを格納して動作させます。下の合成した画像のように、無数のアイコンを並べるわけにはいきません。

  誰一人として、こういうおバカなことはしません。

 

サーバーマシンにアプリケーションを設置する方法

 サーバーマシンに ASP.NET アプリケーションを設置するには、以下の手順に従います。

  1. サーバー上に物理フォルダを用意する。
  2. アプリケーションを構成するファイル(拡張子でいうと .aspx .cs .config .dll .htm 等)を物理フォルダにコピーする。
  3. (もし必要なら)物理フォルダを仮想フォルダとしてマッピングする。
  4. 物理フォルダ(もしくは仮想フォルダ)をアプリケーションのルートとして構成する。

 以上です。たったこれだけですが、IIS を触ったことが無いと、何のことだかさっぱりわからないと思うので続けて説明します。

0. 初期状態

  aspplus と名づけたサイトルートが物理フォルダ E:\users\aspplus\wwwroot にマッピング済みとしましょう。

1. 物理フォルダ作成

  物理フォルダ MyFirstWebApp を作成します。

2. ファイルをコピー

  物理フォルダに .aspx や .config 等をコピーします。

3. 仮想フォルダとしてマッピング

 今回の例では、マッピング不要です。どのような場合にマッピングが必要か・・・面倒なのでここでは説明しません。

4. アプリケーションルート指定

  フォルダのプロパティを表示します。

  ディレクトリタブの「作成」ボタンを押します。

  作成ボタンを押すとフォルダのアイコンが歯車に変化します。

 

サーバーマシンに複数のアプリケーションを設置する方法

 アプリケーションを複数設置する場合は、すでに説明した手順 1 〜 4 を繰り返し行い、設置するアプリケーションの数だけ歯車アイコンを作成します。

  歯車アイコン複数設置(アプリケーション複数設置)の図

 

サイトルート

 ちなみに、サイトルートはデフォルトでアプリケーション構成済みです。わざわざ歯車に設定しなくても、アプリケーションを設置できます。

  サイトルートのプロパティを表示します。

  サイトルートはデフォルトでアプリケーション構成されています。アプリケーション構成済みだと、作成ボタンではなく削除ボタンが存在します。

 

長くなってきたので・・・

 次回 に続く。