×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ASP.NET 2.0 で追加された、メンバシップ、ロール、プロファイルの周辺を体験してみましょう。

正直言うと、このあたりって全く興味が無いんですけどね・・・

(こんなんじゃなくて、他の事に時間使いたいしぃ)

 

 

 

とりあえずやってみそ

空の Web サイトを作成。

 

 

 

本当に空っぽなので、それじゃあんまりなので Defaul.aspx を追加した。

 

 

Ctrl + F5 を押して一回実行させる。起動したブラウザには興味が無いので閉じた。

 

 

ASP.NET configuration を起動。

 

 

こんなの(webサイト管理ツール)が起動しました。

 

Visual Studio IDE に戻り リフレッシュを押す。裏で勝手に Web.config を追加した模様。なにすんじゃこら!

 

 

 

webサイト管理ツールに、セキュリティ、アプリケーション構成、プロバイダ構成とリンクがありますが、とりあえず セキュリティ をクリック・・・の前に SQL Server 2005 Express を起動しましょう。そうしないと、セキュリティをクリックしても反応がありませんので。

mssql$sqlexpress をインストールしていない人は ここ からダウンロードしてインストールしてください。VWD 入れた人はたいていインストール済みだとは思いますが・・・

 

 

セキュリティをクリックすると、こんなの出てきました。

 

 

 

ここで、また IDE に戻って リフレッシュ をクリックする。

また勝手にファイルつくりよってからに。

ASPNETDB.MDFってなに?

 

 

アプリケーションはこんな感じ

 

 

プロバイダはこんな感じ

 

 

 

 

ソリューションエクスプローラー(図の右側)で ASPNETDB.MDF をダブルクリックすると、サーバーエクスプローラー(図の左側)にデータベースの中身らしきものが表示されました。

 

セキュリティ の 認証の種類の選択 をクリックするとこんな感じ。

 

「ローカルネットワークから」を「インターネットから」に変更すると、web.config に三行追加された模様。

mode="Forms" だってさ。

 

 

ユーザーの作成、ユーザーの管理、が使えるようになりました。

 

 

ああ、もうなんか見えてきました(わかってきました)ね。

さっさと実験に入りましょう。

 

 

 

実験用 Web アプリ

 

実験のため作った Web アプリ

 

よくわからんけど、適当に動かしていると login.aspx なるファイルにアクセスしようとしていたので、 login.aspx を用意してあげた。

 

hoge フォルダの中に hoge.aspx

 

 

ユーザーを二つ作った。

 

ロールを二つ作った。

 

ASPNETDB.MDF の中身

 

 

role1 は hoge フォルダにアクセス許可。role2 はアクセス拒否。

 

 

動作確認

hoge/Hoge.aspx を表示しようとすると、login.aspx に飛ばされた。

 

ユーザー名に user1 を入れてログインを押すと、hoge/Hoge.aspx が表示できた。

一方、user2 だと hoge/Hoge.aspx が表示できない、というか何回やっても login.aspx に戻される。

 

 

こんな感じ。

ASP.NET 1.1 のときより楽になった・・・のかな???

追求しないでおこう(笑)

 

 

無料サーバーにup

TestSite という名前でアプリフォルダを作った

 

VWD の FTP 転送機能を使って up します。送り先は wwwroot/TestSite

 

送り終わったらこんな感じ。

 

ブラウザベースのコンパネで見るとこんな感じ。

 

無料サーバー上で動かす

 

動きません。

 

3から7行目、connectionStrings を記述してもダメ。結果は変わらず。

 

サーバーには、SQL Server 2005 Express Edition が入ってないから、

User Instance=True; AttachDBFilename=|DataDirectory|aspnetdb.mdf

な動作は無理なんでしょうね。

 

 

次回は、どうやってこれを動かすか考えましょうかね。(次回でなくて、2006年8月4日へ)