×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

私はパッケージソフトウェアの開発とか、テクニカルライターやってんじゃないので、ツールキットのベータ版や CTP には興味がありません。

急いでベータを触らなくても、製品版がリリースされてから触ればそれで十分です。

 

私は以下の点を重視します。

 

ユーザーインターフェースの革新より、基礎となるデータベースがきちんと設計できるかどうかがより重要だと思います。

 

とかなんとか言ってる私が、Atlas ツールキットを試します。

当然(!)ですが、XMLHTTP オブジェクトや XMLHttpRequest、prototype.js 等で遊んだ経験は持ち合わせておりませんし、javascript はここ数年間読み書きしていません。


インストール

ここ から ASP.NET “Atlas” July 2006 Community Technology Preview (CTP) をダウンロードしてインストールしました。

 

.asbx なる拡張子が導入されるようです。

 

 

 

アトラスのドキュメントは ここ にありました。

 

Walkthrough: Using ASP.NET 'Atlas' Auto-completion with a Server Control

ここ のサンプルを動かしましょう。

 

プロジェクト作成

New Web Site ダイアログで "Atlas" Web Site を選びます。

 

この時点でのソリューションエクスプローラーの図。

Microsoft.Web.Atlas.dll が目立ちます。

 

ScriptManager って何者?

 

15行目、xml-script って何者?

 

 

データファイル作成

App_Data フォルダを右クリックして、Add New Item... します。

 

Words.txt テキストファイルを追加します。

 

Words.txt にワードを入れて保存します。ネタは ここ から調達しました。

Web サービス作成

 

AutoCompleteService.asmx の中身は ここ からコピーしてペーストします。

 

クライアントとなるページ作成

 

例によって、中身は ここ からコピーしてペーストします。

 

動かす

一文字入力するごとに候補が絞り込まれていきます。

google サジェスト に似た動きをします。

 

ソースはこんなのでした。

web.config に興味深い記述があるので、その手のトピックが好きな人は自分で見て頂戴な。

 

サーバーで動かす

じゃ、例によって無償のサーバーで動かしましょうか・・・

 

 

めでたしめでたし

 


アトラスとか Ajax とかそんなのどうでもいいさー

私が興味を持つ分野はこちら

T字形ER データベース設計技法 
グラス片手にデータベース設計~販売管理システム編 
グラス片手にデータベース設計 ~会計システム編 
楽々ERDレッスン 
業務システムのための上流工程入門―要件定義から分析・設計まで 
生産管理・原価管理システムのためのデータモデリング 
業務別データベース設計のためのデータモデリング入門 
BIシステム構築実践入門 
実践的データモデリング入門 
名人椿正明が教えるデータモデリングの"技" 

貼りすぎ?すんません